Protein Data Bank (PDB)

    タンパク質と核酸の構造データベース。X線結晶解析法やNMR法(核磁気共鳴法)などによって実験的に決定されたタンパク質・核酸の3次元構造(原子の立体配座)のデータをダウンロードすることができる。PDBに登録されたデータはパブリックドメインのもとで公開されており、誰でも無償でアクセスすることができる。

    アプリ詳細へ

    PARATEC

    • 公開度 0 ☆☆☆
    • ドキュメント充実度 0 ☆☆☆

    平面波基底とノルム保存型擬ポテンシャル法に基づいた並列DFT 計算ソフトウェア。BerkeleyGW と高い互換性を持つ。

    アプリ詳細へ

    PolyParGen

    • 公開度 0 ☆☆☆
    • ドキュメント充実度 2 ★★☆

    分子動力学計算のOPLS力場を自動的に生成する無料のwebアプリ。特に高分子、複雑な架橋構造、官能基のついたフラーレンやグラフェン、環状分子などのOPLS-AAパラメータを無料で作成できる。実行終了後に生成されたOPLS-AAパラメータがGromacs形式で出力され、ユーザの元に自動的に送られる。

    アプリ詳細へ

    PMlib

    • 公開度 3 ★★★
    • ドキュメント充実度 2 ★★☆

    ソースコードの指定区間の実行時間や通信量を測定するためのオープンソースライブラリ。C/C++ および Fortran のAPI が用意されており、またシリアルプログラムだけでなく、MPI & OpenMP ハイブリット並列プログラムでも利用可能。

    アプリ詳細へ

    PHYSBO (optimization tools for PHYsics based on Bayesian Optimization )

    • 公開度 3 ★★★
    • ドキュメント充実度 2 ★★☆

    COMBO(COMmon Baysian Optimization)をもとに、主に物性分野の研究者をターゲットに開発された、高速でスケーラブルなベイズ最適化のためのPythonライブラリ。あらかじめリストアップした候補パラメータから目的関数値が最大と考えられる候補を機械学習による予測をうまく利用することで選定できる。scikit-learn 等のスタンダードなベイズ最適化の実装よりも、多くのデータを扱うことができる。

    アプリ詳細へ

    POV-Ray

    • 公開度 3 ★★★
    • ドキュメント充実度 3 ★★★

    レイトレーシングを利用した立体感のある可視化を行うアプリケーション。球、立方体など任意の物体の位置と形状が可視化でき、流体計算などで得られる格子上のデータから立体的な可視化をボリュームレンダリングによって行うこともできる。マクロ関数を用いた簡便な3次元立体シミュレータとしての利用も可能。

    アプリ詳細へ

    PythTB

    • 公開度 3 ★★★
    • ドキュメント充実度 2 ★★☆

    タイトバインディング法が実装されたPythonパッケージ。様々な模型を柔軟に設定することができ、それらの電子状態やBerry位相をタイトバインディング法によって計算できる。Wannier90で求めたパラメータを使うこともできる。

    アプリ詳細へ

    PAICS

    • 公開度 3 ★★★
    • ドキュメント充実度 3 ★★★

    フラグメント分子軌道法(FMO法)に基づく量子化学計算を行うアプリケーション。生体分子を含む巨大分子のHF計算やMP2計算などが高速に実行可能。MPI並列に対応しており、研究室レベルのクラスタ計算機からスパコンまで、幅広いシステムで高効率に稼働する。入力ファイル作成支援プログラムPaicsViewも開発されている。

    アプリ詳細へ

    pymatgen

    • 公開度 3 ★★★
    • ドキュメント充実度 3 ★★★

    物質解析のためのpythonライブラリ。物質構造に関する柔軟なクラスが整備され、結晶構造や各種物性データを効率よく取り扱うことができる。相図・電位pH図・拡散係数解析を行うことができるほか、バンド構造や状態密度などの電子状態解析も可能。Materials Projectと連動して開発が活発に行われている。

    アプリ詳細へ

    PyMOL

    • 公開度 3 ★★★
    • ドキュメント充実度 3 ★★★

    生体高分子の可視化を行うアプリケーション。独自のコマンドラインとグラフィカルユーザーインターフェース、600種以上の設定項目、20種以上の表現方法を備え、高分子の可視化を直感的に行うことができる。PDB, multi-SDFなど30以上のファイル形式をサポートし、レイトレーシングによる描画など高度な可視化も可能。

    アプリ詳細へ