アプリのライセンスの違いがわからないのですが。

アプリの利用にあたっては,ライセンス形態 (利用許諾) は重要な要素です。ライセンスは大きく分けて、有償か無償かの2つに分けられます。有償アプリはサポート・ドキュメント・GUIが充実しており,予算があれば十分に検討の余地があります.一方で,無償アプリといえども十分な計算機能を有するものも多く,特に第一原理計算を少し試してみたいというのであれば無償のものがおすすめです。QuantumEspresso, xTAPPなど幾つかの無償の第一原理計算アプリはMateriApps Live!で使用することができます。アプリをそのまま使うだけでなく,改良し,さらに再配布することも 許可しているライセンス があります。(GNU GPL3,MITライセンスなどが有名です)。交換相関エネルギー汎関数の改良など,第一原理計算そのものの研究をしたい場合には,こうしたラ イセンスをもったアプリを元にすることがおすすめです.多くのアプリは,GNU GPLなどの広く知られたライセンスを採用しているが,独自のライセンスを設定しているアプリあります.計算結果を公表する際に論文の引用を義務付けるものや,開発者に申し出ることで利用許諾が得られるものがその例です。MateriAppsでは各アプリについて、可能な限りライセンス情報を記載していますので、アプリを利用する際の参考にして下さい。

今回紹介したアプリ
キーワード