基本情報

公式サイト

http://www.tcm.phy.cam.ac.uk/~mdt26/casino2.html

ライセンス

利用には書類への同意が必要(ソースコードが提供される)
アカデミックでの使用は無償(企業での使用は有償)

利用環境

Unix/Linux上で要コンパイル
言語:FORTRAN90
京スパコン、CRAY-XT5、SGI-altix-UV、Hitachi SR11000、LINUXクラスタなどで稼働。

開発者

前園涼(北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科)

対象となる物質・モデル

第一原理計算の対象となる現実物質全般(固体や分子系)

求められる物理量

電子状態、基底状態のエネルギー、励起状態のエネルギー、対相関関数、密度行列、構造因子、スピン密度

手法

量子モンテカルロ法電子状態計算

並列化対応

MPI並列・OpenMP並列に対応。
フラットMPIで53万並列までの高効率並列化の実績あり。
http://www.jaist.ac.jp/is/labs/maezono-lab/wiki/index.php

GPGPU利用については以下の適用事例がありますが、汎用化されたバージョンはまだありません。

J. Comput. Chem. 34, 83 (2013).
J. Comput. Chem. 32, 2264 (2011).

関連アプリ
関連キーワード