基本情報

公式サイト

https://github.com/tkotani/ecalj

ライセンス

フリー(論文公表時には引用のこと)。http://ma.cms-initiative.jp/ja/listapps/ecalj/ecalj
利用環境 Linux上で要コンパイル。 ノートPC(ubuntuなど)でもインストール可能、インストールの簡易化とインストールチェッカーを用意。ある程度の規模には1ノード(16コア程度)での並列で利用。
開発者 小谷 岳生(鳥取大学 大学院工学研究科)
対象となる物質・モデル 一般の系。QSGWについては重いので10原子程度が目安;スラブ計算は可能だがテスト中。
求められる物理量 準粒子エネルギー、準粒子波動関数、誘電率、スピン揺らぎなど。
手法 LAPW, LMTO, GW, PMT, quasiparticle self-consistent GW。
関連キーワード
文献 執筆中。過去のものは
  • Takao Kotani, Mark van Schilfgaarde, and Sergey V. Faleev Phys. Rev. B 76, 165106(2007).
  • Takao Kotani and Mark van Schilfgaarde Phys. Rev. B 81, 125117 (2010).
だがこれらをかなり改良してある。