基本情報

公式サイト

http://www.cenav.org/abinit-mp-open_ver-1-rev-10/

ライセンス

ABINIT-MPのOpenシリーズのご利用、あるいは開発系コンソーシアムにご関心のある方は、立教大学の望月祐志(fullmoon -at- rikkyo.ac.jp)にメールにてご連絡いただければと思います(-at-を@に変換してください)。ご所望の利用形態に応じて、個別に契約書面の取り交わしをさせていただき、ご提供します。

利用環境

Intel IA64系, 富士通 FX系&OFP, Windows系, NEC SX系(対応中)

開発者

望月祐志(立教大学 理学部), 中野達也(国立医薬品食品衛生研究所), 坂倉耕太(NEC), 山本純一(NEC), 沖山佳生(東京大学 生産技術研究所), 山下勝美(NECソフト), 村瀬匡(NECソフト), 石川岳志(長崎大学 医歯薬学総合研究科), 古明地勇人(産業技術総合研究所), 加藤雄司(立教大学 理学部), 渡辺尚貴(みずほ情報総研), 塚本貴志(みずほ情報総研), 田中成典(神戸大学大学院 システム情報学研究科), 加藤昭史(みずほ情報総研), 福澤薫(星薬科大学 薬学部), 渡邉千鶴(東京大学 生産技術研究所)

対象となる物質・モデル

タンパク質, タンパク質複合体, タンパク質-薬品分子複合系, 水和凝集系, 分子固体, 結晶モデル(有バンドギャップ)

求められる物理量

エネルギー(HF, MP2, MP3), 力(HF, MP2), 電子密度(HF, MP2)

手法

フラグメント分子軌道(FMO)法(4体展開まで)

関連キーワード
文献

S. Tanaka, Y. Mochizuki, Y. Komeiji, Y. Okiyama, and K. Fukuzawa, Phys. Chem. Chem. Phys. 16 (2014) 10310-10344.

その他

4体フラグメント展開までが可能な使いやすいFMOプログラム。特別な設定なしに、Linux/Intel系サーバに標準搭載されているMPI環境で動作する。また、煩雑で注意深さを要するフラグメント分割を伴う入力データを随伴GUIのBioStation Viewer(Windows用)を使って容易に作成可能。また、フラグメント間相互作用エネルギー(IFIE)などの計算結果は膨大となりプリントからの理解はしばしば困難だが、Viewerを使う事で可視的・直観的に対象系の相互作用の様態を把握出来る。