基本情報

公式サイト

http://www.cybernet.co.jp/avs/

ライセンス

ノードロック、ネットワーク。 CPU固定ライセンスとネットワークライセンス有り。 http://www.cybernet.co.jp/avs/support/license.html
利用環境 Windows、Mac、Linux用のバイナリあり。 神戸のfocusにインストール済。
開発者 AVS Inc
対象となる物質・モデル 結晶、界面・表面、液体・溶液、原子・分子、ナノ構造体。
手法 等値面表示、ボリュームレンダリング、任意断面表示、原子間の距離計算など。
その他 可視化に必要な機能をモジュールとして用意。マウス操作でこれらを自由に組み合わせて独自の表示を作ることが可能。PDB、Gaussian Cube/Log、LAMMPS Data/Dump、VASP、TOMBOなどのリーダーが用意され、データの重ね合わせも可能。また、OCTA(SUSHI、COGNAC)も対応可。その他、任意の視点からの動的なアニメーションも作成できる。