基本情報

公式サイト

http://loto.sourceforge.net/feram/

ライセンス

GPL v3
利用環境 Unix/Linux上で要コンパイル PC Linux, Mac OS X,日立SR16000, 富士通FX10などにインストール可能。 GNU Fortran (gfortran), Intel Fortran (ifort), XL Fortran (xlf90_r) などの各種Fortranコンパイラでコンパイル可能。
開発者 西松 毅(東北大学 金属材料研究所)
対象となる物質・モデル 強誘電体
求められる物理量 強誘電体の物性: 誘電率,相転移,圧電特性,焦電効果,電気熱量効果
手法 第一原理有効ハミルトニアンに基づいた分子動力学法
並列化対応 MPI並列・OpenMP並列に対応。SR16000での高速動作の実績あり。
関連アプリ
関連キーワード
文献 ・Jaita Paul, Takeshi Nishimatsu, Yoshiyuki Kawazoe and Umesh V. Waghmare: "Ferroelectric phase transitions in ultrathin films of BaTiO3", Phys. Rev. Lett. 99, 077601 (2007). ・Takeshi Nishimatsu, Umesh V. Waghmare, Yoshiyuki Kawazoe and David Vanderbilt: "Fast molecular-dynamics simulation for ferroelectric thin-film capacitors using a first-principles effective Hamiltonian", Phys. Rev. B 78, 104104 (2008). ・Takeshi Nishimatsu, Kenta Aoyagi, Takanori Kiguchi, Toyohiko J. Konno, Yoshiyuki Kawazoe, Hiroshi Funakubo, Anil Kumar and Umesh V. Waghmare: "Molecular Dynamics Simulation of 90° Ferroelectric Domains in PbTiO3", J. Phys. Soc. Jpn. 81, 124702 (2012).
その他 双極子-双極子相互作用を高速フーリエ変換 (FFT) で計算するので高速。バルクだけでなく強誘電体薄膜コンデンサのシミュレーションも可能。GNU Autotoolsを用いているので、各マシンでのコンパイルと開発が容易。 feramの開発者・西松さんに聞く 双極子と強誘電体